2017-09-15

let it be

子どもの頃から通っていた図書館に、久しぶりに行った。併設のギャラリーで水彩展がやっていて、ふらっと入ってみた。水彩を習うおじいさん、おばあさん達の描く野菜や山の風景。添えてあるひとことがおかしいの。「絵で見るよりずーっと、美味しかったです。」とか。小学生のコメントのようで、愛おしかった。

私は天気が良かったのでカメラを持っていた。「写真を撮る人なんですか?」と1人のおじいさんに声をかけられた。いえ、今日なんとなく持って来ただけで……と言葉を濁して、見せていただいたお礼を言って出てしまった。もっとうまく話せれば良かったのに。おじいさんと絵の写真を撮ってあげたら良かった。とか、速足で歩きながら考えてしまう。これは私の癖だ。こうしたら良かった、と、もっと素敵なバージョンの展開を想像して後悔する。でも今日はただ、突然向けられたあのおじいさんの優しい笑顔に驚いて、今ちょっとおセンチな私は なんだか泣き出しそうになってしまって、慌てて出てきてしまったのだ。


いつも自転車で走り抜けていた道をひたすらに歩いて帰った。ここを通るとき、いつも何考えてたっけ私……と考えて、ひとつ思い出したことが可笑しくて笑ってしまった。高校生の時も大学生の時も、同じ想いで走っていた。


あの頃の私より責任が増えた。でもそれは愛する人と事と物が増えたってことだと思っている。あの頃、ひたすら自分ひとりの愛するものに導かれて思うがままに毎日動いていた頃。今はやらなきゃいけない事が沢山ある。でも、それがちょっと辛くても、この人たちのために頑張りたいって思いがすごくあって、そう思うと辛くないんだ。でも、そうやって飲み込んでいたって思いもある。

地元に帰ると全部夢なのかと思う。いつも思う。でもわかった、休むって大事だ。ちゃんと休むこと。逃げるじゃなくて、心を休ませること。


オノ・ヨーコが言ってた。世界から受けた負の振動を、全て愛のバイブレーションにして返したんだって。それがすごく胸にしっくり来たんだ。


沢山感じてるいろんな愛を、胸に抱えるのではなくて、解放して生きよう。